広島の子連れ旅 得する「裏ワザ」って?

BMXやトランポリン体験も「FISE(フィセ)」で子供も遊べました

2019年4月19日(金)~21日(日)に、旧広島市民球場跡地で開かれているアーバンスポーツの祭典「FISE」(フィセ)をのぞいてきました。意外と子供用のスペースもありましたよ。

あるくのすけ

自転車がピョーーーンと飛んでるのを見るのはおもしろかったよ

けっこう釘づけでした

どんなイベント?

BMXがスロープからジャンプ!したり ↓

クルクル曲芸のように回ったり・・・↓

そして巨大な壁をグングンのぼるボルダリングも ↓

いつも見慣れている広島市民球場跡地に、たくさんのコースができているのがおもしろかったです。想像以上にたくさんの人たちがいましたよ。

こちらはスケボーですね ↓

BMXパーク、BMXフラット、スケートボードストリート、パルクール、ボルダリング、アグレッシブインライン、ブレイクダンスという競技がありました。

19日(金)は1万2000人が、20日(土)はなんと4万1000人も訪れたそうです。混んでるはずです。21日は決勝戦があるので、おっと混むかもしれません。

入場方法は?簡単に入る方法も…

FISE

無料です。が、「事前登録」が必要とのこと。

FISEのホームページからアプリを登録すると、チケット替わりのQRコードがもらえるんですが、そのアプリの評判がよろしくないようです。

我が家はスマホの調子がよくないのでアプリを入れたくなかったこともあり、入り口で普通に受け付けをして入りました。タブレットに生年月日などをいれてもらうと、QRコードがもらえます。が、混んでいるときは並びそうなので、そういうときはスマホで申請した方が楽なんでしょうね。

↑パンフレットとチケットがもらえます。

子供も遊べる体験コーナーが!

ストリートファッションに身を包んだ人たちであふれる会場でしたが、子供用のコーナーもありましたよ!

トランポリン体験

FISEトランポリン体験

こちらはトランポリン体験コーナー。ちゃんとした指導員の方が飛び方を教えてくれます。

経験者でしょうか、小学生くらいの子がクルクル回りながらすごく高く飛んでいました。3歳児でもやらせてもらえましたよ。午後遅めの時間だったからか、そんなに並んでもおらず、すぐに体験できました。

あるくのすけ

ピョンピョン飛んで楽しかった~

BMX体験

FISE自転車体験

こちらはかっこいいBMXに乗れます。前輪の横に足を引っかける棒があったり、ハンドルにも足を乗せられるようになっているんですね。ちょっと足をあげてみたり、形で走ってみたりと、簡単なトリックプレイ?を教えてもらえました。

自転車に乗れればできますし、大人で体験している人もいましたよ。それにしても皆さんフレンドリーです。

ちなみに隣にはパルクール(ブロックとかを忍者のように飛び越えて行くような競技)の体験スペースももありましたが、こちらは夕方の時点では閉まっていました。残念。

スケートボード体験レッスン

こちらはイオンが主催していて、ちょっと本格的。整理券が始まる1時間前に配られるので、それが必要です。スケボーとプロテクターも借りれるようですよ。

FISEスケートボード体験

この時間帯は終わっていたので、スタッフの方がスペースにいました。

ボッチャ体験

「ボッチャ」というパラリンピックなどの障害者スポーツの体験コーナーができていました。

布製のちょっと重めのボールを投げて、白いボールの近くに落とせた方が勝ち。戦略が必要なようで、ちょっとカーリングに似ています。

あるくのすけ

これもスタッフの人がやさしかったよ

こちらは東京オリンピックの関連イベントのようです。五輪キャラクターもいたよ ↓

高所作業車によるパノラマ観戦も

パノラマ観戦

こちらは体験ではありませんが、子供が喜びそうなコーナー。高所作業車に乗って上から会場を眺められます。行きたかったけど、整理券が必要でした。早めに行ったら、まずここで整理券をもらいに行った方がよさそうです。

まとめ

FISE

↑ こんな感じの撮影ボードがあるとおり、ストリートスポーツの祭典という感じで、子連れには縁遠いかと思いきや、意外と家族連れであふれていました。選手たちやファンが家族で来ているのもあるのでしょうし、地元の人たちでも覗いてみようというファミリーが多かったのでは?

いつもの見慣れた場所に大型のコースができているのは壮観で楽しめました。体験コーナーは行列ができているときは大変ですが、貴重な体験ではあります。早めが良いかも。(決勝戦がある日曜はもっと混むのかもしれません)

地面が砂なので、この日は砂ぼこりが舞い上がっていたのが、ちょっと残念。市民球場跡地の欠点ですね。

来年以降も毎年続いてほしいものです。

ちなみに4~5月のイベントはこちらでまとめています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。