秋旅行、検索してます

広島に春を告げる「グリーンフェア」意外と子連れでも遊べました

グリーンフェア

広島市で毎年開かれている「春のグリーンフェア」。

2019年は4月5日~14日に中央公園自由広場で開催。

約3000種類20万本の庭木、鉢物、草花などが展示販売。さらにミニガーデンの展示、花と緑と音楽のコラボステージなどが開かれていますが、意外と子連れでも楽しめました。

オススメはフォトスポットと工作などの体験教室。2時間は遊べます。

ちなみに毎年10月には「秋のグリーンフェア」が広島市植物公園にて開かれています。

大部分は花市・植木市です

会場の多くは花や植木が並んでいます。

いろいろありますが、安いのかはわかりませんでした。が、買ってしまいました。

ミニガーデン展示

ミニガーデンの展示コーナーも。投票ができるようでした。

お子様歓喜のフォトスポット

フォトスポットコーナー

大きな花や、花の冠など、いろんな撮影小道具がそろったフォトスポットコーナー。画面左側の巨大ひまわりを持って撮影できちゃいます。

あるくのすけ

写真に写りたがるお年ごろ。

花をたくさん持って写真を撮ってもらいました

子供向け遊具も

適度な大きさのフワフワ。植木を見るのに疲れたお父さんと、遊びたい子供たちであふれていました。

体験イベントいろいろ

そしてオススメしたいのが、子供も楽しめる体験コーナー。

こけ玉づくり。

ステンドグラスで多肉植物を飾るつくるイベントも。

クラフトづくり教室

そして我が家が参加したのはコチラの「クラフトづくり」。作るものによって違いますが、だいたい200円ぐらい。

トラックを作ったり、フクロウなどの置物、ドールハウスなどが作れます。

もりメイト倶楽部という団体がされています。フラワーフェスティバルでもされているような。

テーブルには葉材やどんぐりなどデコレーションの部品が。いろいろ組み合わせて作れます。

子どももえっちらおっちら金づちを打ちます。けっこう本格的です。

工具はそろっているので、作ろうと思えば、かなりいろんなものに挑戦できそうです。

ということで、20分ほどで、こんなおうちができました。かわいい!

食事もできます。

すごく充実しているとまでは言えませんが、多くの屋台やキッチンカーがでています。

我が家は普通にうどんを食べました。テーブルのほか近くにベンチなども多くあるので、食べる場所には困りません。

フライドポテトの屋台も。パンケーキや、ちょっとおいしいと話題のパン屋さん、コーヒーとお菓子のお店など、いろいろ出ていましたよ。

特設駐車場あり

中央公園広場には駐車場があまりないので、この特設駐車場はうれしい。300円でした。

まとめ

子供たちは花や植木にあまり興味はないかもしれませんが、意外と楽しめました。

2019年は桜が遅かったので、駐車場に停めて、花見スポットに行った方も多いのでは?

広い公園を歩くと、あちらこちらで春の訪れを感じられます。春の訪れを告げるイベントのひとつとして、子供連れで行っても良いかなと思いました。

春のグリーンフェア

〇2019年4月5日~14日

〇広島市中区 中央公園広場

”広島市中区基町15”

最後まで読んで頂きありがとうございました。