塾に行く?悩むならスマイルゼミという手もあります

新サッカースタジアムができる中央公園広場を歩いたよ!発見いろいろ

2024年には新サッカースタジアムになる中央公園。もうすぐここもなくなっちゃうのかな・・・と早くも懐かしみながら歩いたよ。

中央公園

あるくのすけ

この広ーい広場がなくなっちゃうのは、ちょっと残念。でもサッカースタジアムも楽しみ♪

広島城の天守閣から見た中央公園の東側。このあたりの光景が、2024年には激変している!・・・はず。

広島城

「中央公園」って本当はもっと広いんです

中央公園全体図

こちらは広島市の資料。中央公園の説明ですが・・・ん?広島城も入ってるし、旧市民球場も入ってます。実は、中央公園って、広島市によると、これだけ広いところを示してるそうなんです。広島城も公園の一部、って言われてみると、そんな気もするけど、ちょっと違和感も。

このあたりを歩いた記録はコチラ↓

紙屋町で「遊び場&公園」を探して歩いてみた

ということで、今回は芝生からなる、いわゆる「中央公園」。正確には「中央公園広場」を歩いてみます。

サッカースタジアムってどこにできるの?

サッカースタジアム予定地

今の計画では、西寄りに3万人規模のスタジアムを建設。2024年に開業する予定だということです。

整備イメージ図だとこんな感じです↓

サッカースタジアムイメージ図

広島市資料より

西側がアウトドアスペースということは、バーベキューができる、あの森は残るのでしょうか。芝生広場は確実にスタジアムになりますね。西側は、そのまま残るのかな?

募金募集中

ふるさと納税での寄付募集もやっています。グッズがもらえたり、記念板に名前が残るそうです→http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1561365856898/index.html

中央公園広場を一周したよ

まずは南東側の入り口付近から歩いてみたよ。

公園の南東側

中央公園

春のグリーンフェアでは、このあたりにも出店が出ていました。自然とも親しめるいいイベントでしたよ↓

春のグリーンフェア広島に春を告げる「グリーンフェア」意外と子連れでも遊べました

噴水だと思っていましたが、よくよく見ると鯉の像ですね。

ライオンズクラブが20周年記念で寄贈したものでした。1977年寄贈。

そしてその横の方に佇む人影が・・・

戦前の総理大臣、加藤友三郎さんの銅像でした

中央公園

北東の林は「広高の森」です

北東、基町アパートや国道54号に面したところにあるのが「広高の森」。こんな名前だったんですね。

旧制広島高等学校

旧制広島高等学校とは戦前の1923年に創立。1950年に廃止されました。いまの広島大学総合科学部の構成母体だそうです。

旧制広島高等学校

憩いの森です。

旧制広島高等学校

穏やかな散歩道、って感じです。

広高の森を西に向かってあるいていくと・・・噴水がありました。

中央公園

「風と花」って名前だったんですね。これはサッカースタジアムができると壊されちゃうかな?

東半分はグラウンド

中央公園

ひろーーい広場ですが、東側は土のグラウンド。イベントのときには駐車場になったりします。

2018,2019年は旧広島市民球場跡地で開かれた「FISE(フィセ)」。ことしは中央公園広場なので、このあたりに競技台が設置されるのかな↓

FISE「FISE(フィセ)」2020年はいつ?どこで開催?【体験記】BMXやトランポリンで子供も遊べました

そしてグラウンドと芝生の広場の境目あたりに、目印となる大きな木が立ってます。サッカースタジアムができると、この木はなくなっちゃう気がします。

中央公園

西半分は芝生広場

西側には芝生が広がっています。冬なので枯れてます。

夏はこんな感じです。気持ちのいい場所ですね!

公園南側

芝生広場の南側には、ちょっとした池や小川が。

夏はちょっとした水遊びができます。

このあたりの木には名札がちゃんとついています。どんぐりも落ちていますよ。

隅には「針のめぐみ」と書かれた石碑が。針供養の塔?でしょうか。

公園の北西(芝生広場の北側)

ちょっとした水場があります。夏は憩いの場。バーベキューしてると、子どもらは、ここを走り回ります。

公園西側の森

さらに西側に行くと、バーベキュー客が集まる森があります。春はお花見スポット。

広島の桜広島の花見はどこで?地元民おすすめ&穴場を実際に歩いて写真解説(2019年版)

秋はどんぐり拾いも楽しめますよ。

中央公園どんぐり

広島市の「どんぐり拾い」に「こども文化科学館横」をオススメする理由(おすすめ場所を追記)

森の遊び場が毎月開催

この森では、毎月、木や森を生かした遊び場が開かれています。

もとまち自遊ひろば

基町自遊ひろば「もとまち自遊ひろば」をのぞいてきたよ 中央公園の自然の遊び場

公園の南西には渝華園(中国庭園)

入ったことはありませんが、広島市と中国・重慶市との友好都市提携五周年を記念して1992年に建設された中国式庭園だそうです。

中をのぞくと、こんな感じです。

でもサッカースタジアム建設に伴って移設されるそうです。

その庭園のさらに西側。川沿いには、鳥のようなモニュメント。

巨大な魚が鳥に変身して飛び立つ様子を作ったとか。1989年の海と島の博覧会・ひろしまの開催を記念して設置されたそうです。

まとめ

四季を通じて、いろんな楽しみ方ができる中央公園広場。ただの広場と森かと思っていたら、けっこう歴史あるモニュメントがあるんですね。サッカースタジアムは楽しみだけど、市民の憩いのスペースを壊し過ぎないように作ってほしいなと思いました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。