年末旅行計画中!日本旅行の「1泊だけ予約」がお得

広島の花見はどこで?地元民おすすめ&穴場を実際に歩いて写真解説

広島の桜

広島市中心部のお花見。どこに行きますか?

基本的に子どもは、お花見という行事は大人ほど好きではありませんが、せっかく行くなら楽しみたいですよね。

家族連れで行きやすい場所、駐車場が停めやすい場所、停めにくい場所など、定番から穴場まで地元民の視点でつづります。

まとめ

長い記事なので、最初にまとめを書いてしまいます。

基本的に広島市の中心部の川沿いには桜が多くあります。正直なところ、公共交通機関で行って、お弁当を買えば、どこの川沿いでもお花見が楽しめます

人数が多いならば、広くて桜の本数も多い、中央公園、平和公園、比治山公園あたりでしょうか。

車で行ける穴場としては、竜王公園、広島みなと公園、広島市植物公園あたりがおすすめ。

遊具があるおすすめとしては、千田公園でしょうか。

最もメジャーな「中央公園」

中央公園は普段から広島の子連れには定番の遊び場。

木陰も多いし、桜も見事!定番のお花見スポットはギュウギュウでした。

バーベキューをしているグループも、相当いましたよ。

広い芝生もあるし、ちょっと川遊びできる場所もあり、かなり幅広く楽しめます。

駐車場もこの時期は停めやすいんです

いつもは停めにくい駐車場。駐車監視員もよく訪れています。

ですが、4月上旬は中央公園で「春のグリーンフェア」が開かれていて、その敷地内に駐車場が設けられています。1日300円。

駐車場がないという最大の難点が克服されました。(開催日は毎年違うので要注意です)

中央公園横 本川沿い

基町

基町の本川沿いは、芝生が広がっています。そして川沿いには桜も。

さらに川の目の前、お寺が集まる「寺町」側にも桜が。壮観です。

こんな感じで、タープを張って楽しむ方々は、桜だけでなく普段からかなり多くいます。

あんまり小さい子連れには微妙な面も…

とはいうものの、実はこの川沿い、ちょっと幅が狭いのと、川に向かって坂になっているので、適度に動きまわる子どもには遊ばせにくい一面も。

慣れれば大丈夫なんですけどね。

補足

基町の芝生広場から対岸にあたる横川~寺町の本川沿いも桜が満開でした。

こちらにもバーベキューをしている人たちがたくさんいましたよ。

慰霊の空間ですが定番「平和公園」

平和公園

最もメジャーな場所のひとつ。平和公園は広島の人たちにとって切っても切れない場所。

慰霊の場所ではあるのですが、広島人には定番スポットということで、この時期ばかりはお花見の人たちでぎっしりと埋まります。

平和公園の桜

バーベキューしてる人も多くいました。知らない観光客は、一瞬、ちょっとギョッとするかもしれません。

↑画面下にあるのは被爆直後を記した案内板。

原爆資料館(平和記念資料館)は桜に囲まれています。これだけ咲いていれば、お花見しちゃいますよね。

平和公園の桜

平和公園南側に小さな穴場公園も

平和公園から、平和大通りをはさんだ南側の川沿いに小さな公園があります。ここを拠点に平和公園を歩いて桜を見るのも悪くありません。

番外編・平和大通り

実は平和大通りの中心部には、あまり桜はありません。川沿いに多く植えて、ここには植えなかったのでしょうか。

定番の宴会スポット「比治山公園」

会社のお花見や若者たちが多い印象。バーベキューや大宴会も見かけました。家族連れにもいますが、小さな子供たちには、ちょっと微妙な印象です。

奥の方にはこじんまりとした家族連れもいるにはいます。

露店やビールの販売も

公園の入り口ではビールも売っていました。公園よりはだいぶ下ですが露店もありました。ちょっとしたお祭りです。

駐車場は停められないこともないですが…

公園へと登る道には車がぎっしりと。

早めにくれば停められそうです。そのあたりが団体客が多く集う理由かもしれません。

富士見展望台でも壮大な桜が

ちょっと離れたところにある「富士見展望台」。

海まで見える眺めの良い展望台。こちらでも桜が咲き誇っていました。

 
”広島市南区比治山本町6−14”

広島市中心部まとめ

広島城周辺

広島城の公園やお堀沿いは、屈指の桜スポット。お堀沿いの景色は本当に気持ち良い!

袋町公園

広島市中心部、パルコや本通りにほど近い公園です。

夜は宴会組もいますが、昼間はいたって普通の公園の様子。

お仕事の昼休憩のサラリーマンや家族連れが、ちょっとお弁当を食べながら過ごす憩いの場という感じです。

京橋川沿い

基本的に中心部の本川や京橋川、元安川沿いに多く桜が植えられています。どこもお花見スポットですね。

眺めの良い穴場「竜王公園」

JR横川駅から、かなり坂を登ったところにある竜王公園。実は穴場なのではと思っています。

駐車場が整備されていて、ちょっと歩くこともありますが、入れないことはない印象。

ただしバーベキュースペースは限られていて、先着4組くらいなので注意です。

竜王公園

近所の人たちがのんびり過ごしている印象です。が、車で行けるので、意外と遠くからも人が来ているようです。

広島市中心部でのんびり「千田公園」

長ーい滑り台が楽しめる千田公園。このブログでも子連れにおすすめしている公園のひとつ。この公園も桜があふれています。

桜と遊具。子どもたちも楽しそうです。

中心部の公園ですが意外と広い公園です

千田公園

ゆったりとした広さがあるので、家族連れがこじんまりとシートを敷いてお花見を楽しんでいました。

千田公園 桜

広島市中心部の便利な場所にあります。巨大遊具があり、お花見に飽きた子供も楽しめます。。

唯一の欠点は駐車場がないこと。コインパーキングはありますが、数が少ないのでご注意を。

ここも穴場かも「みなと公園」

広島市南区の海のそばで、広くて気持ちの良い公園として紹介している「みなと公園」

駐車場も多いし、気持ちの良い空間なので、普段からにぎわっています。

実はここにも桜が!

あまり気づきませんが、実はけっこう桜があるんです!お花見が成立しちゃいます。

かき小屋側にも桜

そしてバーベキューが手軽に楽しめる施設として親しまれている「かき小屋」。この側にも桜がありました。

意外とあちらこちらにあるんですね。広いだけあります。

広いグラウンドがあって、サッカーの試合がよく行われています。

じっくり見たい人に「広島市植物公園」

桜に囲まれた広場がある「広島市植物公園」。4月上旬には「さくらまつり」が楽しめます。

↑ こんな種類を記した看板があったり、植物公園ならではの楽しみ方ができます。詳しくは訪問記をご覧ください。

車で行けず見学断念「江波山公園」

「ヒロシマエバヤマザクラ」という珍しい種類の桜があるという江波山公園。

幹回り4.25m、高さ14m、推定樹齢150年という巨木。普通のヤマザクラの花弁は5枚ですが、ヒロシマエバヤマザクラは5~13枚が混ざっているそうです。

広島市の天然記念物に指定されているということで楽しみにしましたが・・・

公園に行くには、この時期は、来るまでは上がれないとのこと。残念・・・(江波山気象館へは行けるそうです)

10分ほど歩けば公園に行けるそうですが、ちょっと子連れには厳しい。泣く泣く断念します。

最後まで読んで頂きありがとうございました。