年末旅行計画中!日本旅行の「1泊だけ予約」がお得

「広島トラック祭り」体験記 乗り物イベントの王様です2019年は10月13日開催

追記:2019年は10月13日(日)に開催!

 

広島県のトラック協会が主催する「ひろしまトラックまつり」。ことしで26回目というお祭りに、ようやく行ってきました。

「トラック」と言いながらも、クレーン車やショベルカー、フォークリフトなどの重機が並びます。

気になる体験イベントだけでも・・・

・大型トラック走行体験(トレーラヘッドの助手席に乗り、実際に会場内を走行)
・大型トラック運転席体験(10tトラックの助手席に座り写真撮影)
・大型トラック冷蔵冷凍車マイナス25℃体験(トラックの荷台に作られた保冷庫に入り室内のマイナス温度を体感)
・高所展望体験(高所作業車両による、高さ14mの風景を体感)
・ショベルカーの作業体験
・フォークリフトの作業体験
・クレーン車両の作業体験
・トラックドライバーお仕事体験

これだけあります!

可能な限り祭りの様子を記します

トラック協会の宣伝も兼ねているのか、無料の割には体験イベントが充実しています。さらに意外とグルメもたくさん集まっていて賑やかだったお祭りの様子を記します。

3歳児も上がれた!高所作業車リポ

乗れたものも乗れなかったものも…ユニーク体験の数々

行列具合はディズニーランド級(笑)イベントの待ち時間

などをお伝えします。

朝から道路は行列 早めに行くのが◎

「第26回ひろしまトラックまつり」は2018年10月14日開催。9:30~15:00と、ちょっと早めに店じまいするイベントです。

開催場所は中国運輸局ひろしま運輸支局(広島市西区観音新町4-13-13-2)となっています。

”広島市西区観音新町4-13-13-2”

 

↑午前9時半ごろ マリホ近くの臨時駐車場からは行列が・・・

開場は中国運輸局、ナンバープレートの付け替えなどをするところですね。広島市中心部からは、空港通を南へ、マリーナホップの手前です。

観音マリーナ方面でイベントがあると、ここの道路はだいたい行列となります。古い話ですが、マリーナホップのオープンの際もかなりの行列となりました。今回はヨットの世界大会が行われていることも相まってか、かなりの行列となりました。我が家は午前9時ごろに着くように出ましたが、着いたのは9時半。いつもよりも30分余分にかかりました。昼頃には帰りましたが、行列は高速3号を通り越して2号線近くまで・・・早く行くのが絶対におススメです。

イベント盛りだくさん 可能な限りリポート

↑高所作業車より

会場内には多くのトラックやパトカー、クレーン車やフォークリフトなど重機もたくさんありました。

普段、工事現場で見かけますが、じっくり見ることはありませんでした。↑VOLVOのトラックなんかもあるんですね。

↑多くの種類の重機。記念撮影する人も多くいました。

3歳児も体験!ドキドキの高所作業車

おそらくは、一番人気。高所作業車両に乗って、高さ14mの風景を体感できます。14mというとビルの4,5階ぐらいでしょうか。ビルから下を眺めても怖くありませんが、やはり、「ブームの上に乗せられている感」というか、形が怖いですよね。

90cmということですが、3歳の我が子は余裕でクリア。けっこう小さな子どもたちも乗っていた印象です。

案の定行列です。9時半過ぎについて1番初めに行きましたが、すでに30~40分くらいは待ちました。1回で乗れる人数が少ないんですね。

いよいよ順番。腰に安全ベルトをつけます。

子どもたちもみんなヘルメットをかぶります。もちろん大人もかぶります。ほとんどの家族が付き添いありでした。

ゆっくりゆっくり上がっていきます。

会場が一望できます。

↑ちなみにこんな小さなレバーで昇り降りを操縦しています。スゴイ!

どんどん上がります。

クレーン車も見下ろせる高さに。子どもたちは意外と高いところも怖くないようで、平気で眺めていました。

冷蔵冷凍車でマイナス25℃体験

トラックの荷台に作られた保冷庫に入り室内のマイナス温度を体感する、というもの。こちらは一気に10人以上が入れることもあり、そんなに待たずに入れます。

真四角な冷凍車の存在感はなかなかのもの。

いざ、入ります!

中は意外と明るい。壁が実は半透明というか、光が入るようになっているんです。

わかりやすくさむがる子どもたち。

この日は思ったよりも暑かったので、ちょうどよい冷え具合でした。

クレーン車に乗れる!

そして会場の奥、東側にあたるところにズラリと並んでいるクレーン車。これにも乗れちゃいます。

行列は長いものの、ここも4台ほどに分かれて順番に乗れるため、そこまでの混み具合ではありませんでした。20分くらいでしょうか。

これらのクレーン車は、参加する企業が、それぞれ会社から持ってきたもののようです。質問すると社員さんが答えてくれます。重機好きな子どもたちは大喜びです。

いざ、乗ってみました。ブームを伸ばして、先っちょのカギづめ?的なものがゆらーり、ゆらーり・・・社員さんが「実際に揺らしたらめっちゃ怒られる」と話されていました。サービス精神満載な社員さんたちです(笑)

こんな車なかなか乗れません…大型トラック体験

大型トラックに乗せてもらって、構内を走ってもらえる体験。こちらにも行列が。

ただ3台あって、それぞれに並んでいたので、午前中の段階では、20分~30分くらいの待ち時間でした。他の体験モノに比べるとすいていたかもしれません。

そのほかにもこんなモノに行列が

子ども免許証づくり

写真を撮って、免許証を作ってくれるコーナー。1人1人に時間がかかるのでしょうか。1時間待ちでした・・・

こども運送配達体験

こんなかわいい制服を着ての配達体験。

荷物の受け入れから配達までを体験できるそうです。残念ながら、こちらも行列だったため、今年はあきらめました。場内を歩く子どもたちはとってもかわいかったですよ。

フォークリフトの作業体験

整理券が配られていました。昼前には午後2時半の会まで、全部埋まっていました。

商品が豪華!1回200円くじ

1回200円のクジ。ガラガラを回して、出てきた色によって景品がもらえる、昔ながらの抽選コーナー。

注目したのは、景品!トミカや、もっと大きな模型がずらり!ほしい!

が、残念ながらトミカは当たらず。お菓子セットや・・・

コベルコのキーホルダーがあたりました。前の人はトミカが当たっていたので、けっこう当たる可能性は高そうでした。

他にもイベントいろいろ

ステージで「ミスタートラックヒーロー決定戦」

公式HPによると「選りすぐりのトラックドライバーがチャンピオンベルトをかけて知力・体力・技を競う!」んだそうです。ちょっと遠目だったのもあり、あまりわかりませんでした。お客さんも、ちょっとまばら・・・。

屋台もいろいろ

↓暑かったためアイスを購入

けっこうにぎわっていました

そこそこ、いろんな種類のお店が出ています。

比較的、県内でお祭りがあると、よく出店している店が多い印象です。

趣味で700台以上、「手作りトラック」を作った方の展示会も。すごい!みんな本当にトラックや重機が好きなようです。

またトラックの日の絵画展の発表もやっていたようで、いろいろ飾られていました。

まとめ

重機好きな男の子には絶対オススメ

興味がなくとも、配送ドライバー体験や高所作業車は多分たのしい

行列がスゴイ!とにかく早く行った方がよいです

上に関連しますが、行列対策で折り畳みイスがあっても良いです

こちらのイベント2018年は終わってしまいましたが、また来年以降もあると思うので要チャックです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。