秋旅行、検索してます

樹齢400年!国内最大のバオバブの木を見てきた 広島市植物公園

国内最大の木があるらしい

国内最大のバオバブがやってきたということで、見てきました。広島市植物公園@佐伯区。年間パスポートを最大限使います。(2018年9月初旬訪問)

あるくのすけ

いつでも花がいっぱい!僕は芝生を走り回るだけで満足だけどね

入り口から少し階段を上った大温室に向かいます。

  

入ると同時にわかります 大きい!

大きい!幹がすごい太い!この存在感!驚きです 。最大の直径は2m。幹(トックリというそうです)の高さは3.5m。推定樹齢は400年とのこと。

   

この木は2017年10月に西オーストラリアのカナナラというところから、1万1000kmの距離を経て、はるばるやってきたそうです。オーストラリアでも大規模開発があるらしく、行き場を失いかねないバオバブを保存することも目的だとか。広島まではるばるやってきたと考えると感慨深いものがあります。すごいね、バオバブ!

↓現地では葉っぱとかを食べるそうなのですが、、、本当でしょうか

ちょっと離れたところからも、この存在感。

    

今なら名付け親になれるかも?

植物公園では、このバオバブの木の「愛称」を募集しているそうです。15歳以下の広島市内在住者が対象。1人2点までということで応募してきました。

大温室は「食べ物の木」で楽しむ

ちなみに大温室の展示物もいろいろ楽しめます。

チョコレートのもととなるカカオ。バナナ、バニラなどなど・・・普通に木を見るだけでなくて、「食べ物の原料になっている」と話すと、子どもらも興味を持ってみてくれます。

 

↓バナナはなっていました

↓こちらはバニラ。香りがします。「ソフトクリームみたい!」と子どもたち大喜び。

以下、公式HP。

http://www.hiroshima-bot.jp/index.htm

動物園や森林公園などとの共通パスポートを持っていれば入るのは無料。駐車料金が450円かかります。

最後まで読んで頂きありがとうございました。