年末旅行計画中!日本旅行の「1泊だけ予約」がお得

森林公園の「こんちゅう館」がおすすめ!「1年パス」も使えます

【2019.7追記】

2018年7月の西日本豪雨で被災し休館していましたが、2019年5月から部分開園しています。

こんちゅう館広島市森林公園こんちゅう館 行き方の注意点!追記:馬木から行けるようになりました

広島市東区の広島市森林公園にある「こんちゅう館」。

存在は知っていましたが、先日、動物園に行った際に「植物公園」や「こんちゅう館」にも入れる「1年パス」を買ったことから、初めて訪れました。

が、これがスゴイ!

子どもたち大喜び。もっと早く行っておけば良かった!と思ったため、とりいそぎ記します。

あるくのすけ

大満足!虫に触れるイベントは何回も行ってるよ

近くには芝生広場もあって、のんびり過ごせるよ

まずはオブジェがお出迎え

入り口では大型オブジェが迎えてくれます。最近、ことあるごとに「ムシムシ!」と叫ぶ我が家の息子君は、この時点で早くも大興奮。

カブトムシの巨大模型も!

こんちゅう館

↓公的施設には絶対にある、この顔出しパネル。

サナギかチョウか、それともイモムシか・・・。大胆なセンスが素敵です。

↓そんなパネルの下には、歴史を感じさせる壁画。これもまた味があります。

展示がスゴイ!生きた昆虫の展示数は「西日本一」

まずは一般的な展示室っぽい感じの入り口が迎えてくれます。

めくるめく昆虫の世界が楽しめます。

↑枯葉に見えますが・・・という有名な虫。日本で見られるんですね!親子で探して会話も弾みます。

↑これも葉っぱに見えますが・・・というやつです。

↑なぜにこの姿勢でいるのでしょうか。とにかく会話がはずみます。

↑みんな大好きカブトムシ。

↑ひらがなのキャプション。こういう工夫が親切でうれしい。小さなルビより読みやすいんですよね。

生きた昆虫の展示数は「西日本一」だそうです。

遊び心満載♪

↑昆虫の仕組みって、説明しにくいので、こういうオブジェもなかなかよい。

↑遊び心満載。シロアリなんかも展示されていましたが、写真にするとグロテスクなのでやめておきます。「生活に身近な昆虫」を見せたいんでしょうね。「昆虫愛」を感じます。

500匹のチョウが!パピヨンドーム

そして、これがすばらしい!チョウであふれる温室です。

チョウを触るのはご法度だとは思いますが、自分から服にとまってくる人懐っこさ。驚きです。子どもらは、もちろん大喜びです。

この様子をお伝えしたいため、ちょっと枚数が多いのですが、写真をご覧ください。

HPによると10種類500頭(匹?)、いるそうです。写真だとチョウが小さい!が、本当に見る価値のある多さです。(素人目には)

↓今月24日まで「ホタル」の企画展を開催中。学芸員?昆虫博士による「ホタルクイズ」もあって、それなりに楽しめました。テレビでよく見る昆虫の専門家の方が、やわらかい語り口で話してくれます。動物園にしても、このこんちゅう館にしても、専門家の方というのは、お話が上手です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。