秋旅行、検索してます

キックバイクに超オススメ!「けいりんサイクルパーク」に行ってみた

手ぶらでOK、広島で手軽にキックバイク(ストライダー)体験ができる「ひろしまけいりんサイクルパーク」のお話です。

キックバイクって、土の公園では運転しにくいんですよね。かといって、道路で運転はさせたくない!ということで、こんな場所はどうでしょう。

  • レースもあるぞ!思う存分走らせたい!
  • フワフワまで!想像以上に子ども向け施設
  • おまけで、格安グルメ「市営ご飯」

の3本立てでお伝えいたします。

土日祝のみ、競輪やってる日とやっていない日があるので注意が必要かもしれません。

ストライダーって?2~5歳がオススメ

ストライダーというと、いわゆる「こがない自転車」。2歳~5歳が対象年齢とのこと。我が家は2歳すぎに買い与えて、2歳半くらいからようやくスイスイと進み始めました。

運動にはなるし、男の子は特にかっこいい!バランス感覚を養わせよう!とかBMXとか本格的な自転車競技の入り口として、させてみるもの良いかもしれません。我が家的には、とにかく乗ってる姿がかっこいい!ということで一目ぼれでした。

ちなみにストライダーは商品名で、一般的には「キックバイク」というそうです。普通の自転車に変えれる「変身バイク」などもあります。

駐車場はたっぷり

すぐ側の駐車場は50台くらいでしたが、近くにある立体パーキングなんかもいれると1000台以上停められるそうです。

公式HPを見ると基本、土・日・祝のみのオープンのようです。この日はレースがありませんでしたので駐車場はガラガラ。多分、レースがあると混むのでしょう。ちなみにレースがあると入場料50円かかります。

意外と(失礼!)おしゃれなパーク

↑カラフルなコンテナを積み上げたコンテナが、期待値を上げてきます。

そして入り口。普通に競輪場の入り口です。ゲートがあるんですね。

コースは手作り感たっぷり

なるほど、競輪場の空いたスペースを利用しているようです。コースは手作り感たっぷり。この日は常連さんっぽい家族連れなど5組ほど。

そしてストライダーは、無料で借りれます。我が家のストライダーを持っていきましたが、もちろん持ち込みもOKです。ヘルメットをつけないといけないとのことですが、こちらも借りられました。

レースを定期的にやっているようです!

5月13日にはレースも!行けませんでしたが、いつか行ってみたい。

コンテナの遊び場が期待以上!

奥には外からも見えたカラフルなコンテナが!そう、これが期待以上でした。

真ん中にはすべり台も!こんな高いすべり台は、そうありません。

↑2階の降りるところは、こんな感じ。ちょっとアスレチックっぽくなっています。我が家の息子くんも大喜び。

  

さらに遊び場に絵本もあります。休憩スペースも。ご飯を食べている家族連れもいました。

フワフワまで!

そしてフワフワもあります。どうやら基本的にいつもあるようです。すごいじゃないですか競輪場さん

「市営ご飯」もあり

ちなみに食堂もあり。市役所で出てくる感じのシンプルなご飯。名づけるならば「市営ご飯」。安佐動物公園とかにも、こういった感じのご飯がでてきますが、それよりもより「市役所色」の強いメニュー。おかずを選べる定食とか、うどんの具も、動物園の寄りは、少し凝っているイメージです。確か500円~600円くらいで食べれました。

食堂は閑散・・・競輪お休みですからね。子ども用のイスとかはありません。でも食堂の方々にはあたたかく対応してくださいました。

基本的には競輪場です

ちなみに以下は、いかにも競輪場という写真。レースに行ったことはありませんが、開催日には人であふれるのでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ひろしまサイクルパーク(広島競輪場)

営業日 土・日・祝(HPで要確認です)

営業時間 10:00-15:30

競輪場でレースが行われているときは入場料50円が必要(15歳未満は無料)

”広島市南区宇品海岸3-6-40”

最後まで読んで頂きありがとうございました。