塾に行かずお勉強♪スマイルゼミ2年やってるよ

マイナンバーカードを広島の区役所で受け取ってきたよ!取得までにかかった期間は?

9月も終わりに近づいて、ようやくマイナンバーカードを受け取ってきました。ちょっとした記録です。

あるくのすけ

家族みんなで区役所に行ってきたよ

マイナポイント目当てです

マイナンバーカード

マイナンバーカードを取得しようと思ったきっかけは、マイナポイントです。1人5000円。4人家族なら2万円!おおきいですよね

マイナンバーカード

やり方は?

すぐ、そのまま1人5000円分をもらえるわけではありません。簡単に言うと以下の通り。

  1. マイナンバーカードを取得
  2. スマホの専用アプリを使ってマイナポイントに登録
  3. クレジットカードやQRコード決済(ペイペイとか)などを登録
  4. 25%還元(なので、上限の5000円分を還元するには2万円分使わないといけません)
  5. 期限は来年2021年3月末まで

マイナンバーカードの申し込み方

実はスマホですぐできます。スマホで顔写真を撮影して、マイナンバーの書いてあるカードのQRコードを読み取ってメールアドレスなどを登録すると完了。

https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/

ですが、「カードを受け取れます」という通知ハガキが来るまでに1か月ちょっとかかりました。オンライン申し込みだけど、通知はハガキなんですよね。

 

区役所の込み具合は?

行ってきたのは広島市内のとある区役所。でっかく「マイナンバーカード取得はコチラ!」みたいな張り紙があって、役所全体がマイナンバーカードシフトになっているように見えました(気のせい?)

マイナンバーカード

実は何回か、空いている時間に行こうとして、平日の午前や午後に区役所に電話をかけていました。が、9月初めの平日、お昼頃に行列ができている場合もあったんですね。結局、我が家は平日の午後3時ごろにしました。

マイナンバーカード

電話では「すいてる」というお話でしたが、行ってみると6人待ち。20分ほど待ちました。でも窓口の方の対応はすごく親切でした。

紙に記入→また待ちます

マイナンバーカード

1人ずつ暗証番号を登録します。あとでマイナポイントを登録するのに、これが絶対必要です。子供の分もあるので、結局この紙をそのまま保管しました。とても暗証番号を覚えきれません。

ようやく受け取り!ですが…

子供らと外を散歩して、30分ほど、ようやく受け取りになりました。窓口の職員さんが子供を含む全員の顔を写真と確認して、カードを受け取ります。この作業のために、区役所に行く必要があるんですね。

マイナンバーカード

ついに手に入ったマイナンバーカード。せっかくQRコードで申し込んだのに、最後の手続きは全部紙だったことに疑問を少し覚えつつも、無事すんだことに安堵。ところが・・・

マイナンバーカード

有効期限が、20歳以上は10回目の誕生日まで。つまり10年。

20歳未満は・・・5年!?

 

えっ?

 

なんと、たったの5年なんです。思わず職員さんに聞いてしまいましたが、子供は顔が変わりやすいからとのこと。確かにそうですが・・・顔写真つきのカードは難しいですね。

マイナポイントに申し込みました

マイナンバーカードを使って、ようやくマイナポイントに申し込み。マイナポイント専用のアプリをスマホに入れて、マイナポイントを受け取る「予約」?をして、さらに決済サービスと紐づけてようやく完了。

9月時点、ペイペイのポイントが当たるキャンペーンなど、ほとんどのキャンペーンが終わってしまっていました。残念。来年3月までに2万円使うであろうクレジットカードをメインに、ペイペイや、電子マネーで登録しました。

子供の分を同じスマホで登録するときは、「両方ペイペイ」とはできなくて、決済サービスを変える必要があります。「クレカとペイペイ」、とかですね。ちょっと面倒ですが、仕方ありません。

この際、新たにクレジットカードに入っても良いかもしれません。クレジットカードに入った時の「おまけポイント」が尋常じゃなく多いです

広島では楽天がポイントがたまりやすくておすすめ。

wants-card広島のポイントカードはウォンツ×楽天カードが1番お得だと思う(追記:paypayポイントも貯まる!)

まとめ

あまりにもマイナンバーカードの取得が難しかったので、ご年配の方は大変なのでは!?時間が思ったよりもかかるので、来年3月末までにポイントを使い切るという期限を考えると、すぐに申し込んだ方が良さそう。申し込み→受け取りまでに2か月ほどかかります。

区役所では、だいたい1時間半くらいかかりました。人が多い時は、コロナも心配です。すいてる時をねらって行きたいですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。