年末旅行計画中!日本旅行の「1泊だけ予約」がお得

「こども文化科学館」が無料でいいんですか?というくらい遊べる

広島市中心部、旧市民球場跡地のすぐ北側にある「こども文化科学館」。基本的に無料の市の施設ですが・・・驚くほど遊べるんです!

ターゲットも幅広く、たぶん3歳児くらいから小学生くらいまでは遊べると思います。普通にまわれば1時間強、プラネタリウムも見れば2時間くらいは過ごせる印象です。

あるくのすけ

また行きたーい!何回行っても飽きないよ

まあるい屋根が目印です

元安川沿いにあります。丸い屋根が特徴的ですね。そうです、プラネタリウムです。

広島市が命名権を導入したので、2017年9月から「5-Daysこども文化科学館」(ファイブデイズ こどもぶんかかがくかん)となりました。

同じ建物には「こども図書館」もあります。図書の貸し出しカードを作れば、こちらも居心地の良い場所です。

1階 大型ジャングルジム「たんけんとりで」

この施設、平日は、どこかしらの小学校の子どもたちが見学に訪れています。何回か平日に行きましたが、ほぼ毎回、保育園児か小学生かの団体が来ています。

さて、1階のホールにある大型展示ですが、屋内ながら、かなり楽しめます。

ちょっと宇宙船っぽいデザインが素敵です。中にはちょっと科学っぽい仕掛けがいろいろあります。

入り口はちっちゃいのですが、「6歳までは大人と一緒にでないと入れない」となっていることもあり、入ってみました。

中は狭い・・・頭を打ちました。

透明の渡り廊下があったり、チューブっぽい通路があったり、すべり台もあります。

我が家の3歳児は、3回、中に入って大騒ぎです。

1階には科学アトラクションも!

そして様々な科学の実験的な視点を使ったアトラクションが楽しめるのが「天空の夢の国」。

こちらは幼稚園児でも遊べますが、小学生の方が、より楽しめる印象。

雷、光、音などが学べる!

例えば「雷の放電」「光の動き」「音の共鳴」などが、それぞれのコーナーで学べます。

小さい子はただ見ているだけですが、小学生くらいになると、もっと意味もわかっておもしろいのでは?と思います。

もちろん無料!UFOキャッチャーもあります

そんな中で、幼児も文句なしに楽しめるのがUFOキャッチャー。

ハンドルを操作して、ボールをうまくつかんで、バスケットボールのリングに入れます。

ハンドルを全力でまわせ!「ボールの旅」

ハンドルをまわすとボールがあちらこちらを旅します。ひたすら回さないといけないので、お父さん!がんばれ!

ピョン太とかけっこ

ヨーイドン!で走って、ピョン太とかけっこができます。走った速度が表示されますよ。

2階 巨大 鉄道ジオラマが!

こちらが巨大ジオラマ。走っている車両にカメラがついていて、その映像を見られたりできます。いくつかの車両を操縦(?)できるので、子どもたちはくぎ付けです。

アストラムラインのミニチュアがあったり・・・

「こども科学館」の模型もあったりと芸が細かい!

このジオラマが実に秀逸ですが、そのお話はコチラ↓

こども文化科学館のごちゃ混ぜ「鉄道ジオラマ」がスゴイ!

3階 展示ホール

期間限定の展示がよく行われています。

この日は、パズルが充実。

ちなみに工作室もあります。

・対象:幼児・小学校低学年と保護者向け 
・材料費:30円 
・受付:13:00~15:30

1回行きましたが、材料費も安くオススメです。連日やっているんでしょうか。

4階 プラネタリウム…だけと思うことなかれ

今回は中に入れませんでしたが、プラネタリウムは人気のようです。幼児・小中学校生は無料というのも、うれしい!

行った人に聞きましたが、前にやっていた人工衛星の旅についての映画は、かなり感動したそうです。

プラネタリウム
個人 幼児・小中学生無料
高校生250円、大人510円、シニア(65歳以上)250円
5-Daysこども文化科学館利用案内
広島市中区基町5番83号
TEL:082-222-5346
開館時間 9時から17時まで
休館日 毎週月曜日・祝日の翌平日・12月29日~1月3日
(12月29日から1月3日までを除く土曜日、日曜日、祝日は開館)
臨時休館あり
入館料 無料(プラネタリウムの観覧は有料)
公式ホームページ http://www.pyonta.city.hiroshima.jp/
”広島市中区基町5番83号”
最後まで読んで頂きありがとうございました。