広島の子連れ旅 得する「裏ワザ」って?

日本初の妖怪博物館「もののけミュージアム」は子供も楽しめる?

追記:行ってきました!体験記はコチラ ↓

三次もののけミュージアム妖怪博物館「三次もののけミュージアム」体験記 たっぷり1時間半楽しめました

 

広島のことしのゴールデンウイークの目玉スポットのひとつになりそうな「妖怪博物館」。

だんだんその全容が明らかになってきました!

あるくのすけ

ヨウカイ?オバケ?

ちょっとこわいかな・・・

子供向けなのかどうかはわかりませんが、ある程度ターゲットになっているはず。ちょっと調べてみました。

妖怪博物館

↑ 公式HPより

なかなかよい雰囲気に見えます ちょっと愛らしく見える気がします

どんな施設?

基本的にはコレクション展 注目は「チームラボ」

妖怪研究家の湯本豪一さんが寄贈した「妖怪コレクション」が展示されるそうです。絵巻・錦絵・書物・武具・玩具など5000点ほどあるそうで、個人のコレクションにしてはスゴイ量です。これだけ見ると、大人向けの施設の印象ですね。

「昔の人々がどのように妖怪と関わってきたのか、また現代社会への広がりなど、日本の妖怪文化の全体像を見ることができる」そうです。

が、注目は、後述しますが「妖怪遊園地」。あのチームラボの遊具です。こちらはがっつりと子供向けの予感♪

なぜ三次市に?

なんでも三次市は、江戸時代から伝わる「稲生物怪録(いのうもののけろく)」という、妖怪についての有名なお話の舞台なんだそうです。

主人公が30日間にわたって出現する様々な妖怪に耐え抜いたお話なんだとか。なんとなく聞いたことがあるようなないような・・・。

↑ こちらは三次市のHPより

ろくろ首や巨大な髭の大男など。昔ながらの妖怪らしい妖怪のオンパレード。楽しそうです。

広島周辺が舞台の妖怪アニメも

ちなみに妖怪と広島と言えば、2012年に公開された「ももへの手紙」というアニメがあるそうです。瀬戸内海が舞台で、地元住民と妖怪の交流を描いているとか。

知りませんでした。ちょっと予習しても良いかも。

created by Rinker
¥3,371 (2019/11/15 02:59:15時点 楽天市場調べ-詳細)

アクセスは?

広島県三次市の比較的、中心部にあります。桜などで有名な尾関山公園そばです。

車だと

おそらくはほとんどの人が車で行くのでは。

中国自動車道三次ICから車で15分。尾道松江線三次東IC・JCTから車で10分。インターに近いので行きやすいですね。

電車やバス

一応、電車はバスでも行けます。三次駅前からだと三次駅前~三次中学校前(みよし市街地循環バス「くるるん」)で約8~15分。

が、広島市側からは「JR芸備線」が豪雨災害で運休中のため、2019年秋予定の復旧後でないと行けません。

広島県三次市三次町1691-4”
[/box]

料金は?

入館料 大人600円 大学生・高校生 400 円  中学生・小学生200円と、かなり安い印象。

自治体がやっているのもありますが、そこまで広くないというのもありそうです。気軽に行けそうですね。

オープンは?

2019年4月26日(金)となっています。10連休のGW直前ですね。GWは混みそうです。

そして5月6日までのオープニングイベントには、なんと「泉谷しげる」さんがいらっしゃるそうです。

もののけミュージアムイベント

↑公式HPより

なんでまた泉谷さん?と思いますが、どうやら泉谷さんは、地域活性化のために各地でアートライブイベントを度々開いているそうなんです。

泉谷さんのアート展も開かれますが、コスプレイベントにも参加すると宣言しているとか。

先日、三次市で会見を開いていましたが、期間中はずっと三次市に滞在するそうで、かなりの意気込みのようです。

その妖怪コスプレパレードは4月27日の13時から。かなり盛り上がりそうですね!

チームラボの遊具が!

その名も、「チームラボ妖怪遊園地」。

どうやらエントランスホールに巨大な画面に妖怪が映るような展示があるようです!

大型タッチモニターに妖怪がたくさん表示され、気になる妖怪に触ると詳細を見られるそうです。なんだかスゴイ!

あるくのすけ

確実に走り回るね

チームラボの遊具はだーいすき!

そして妖怪になれる「チームラボカメラ」も登場するとか。子どもたちは喜びそう。

チームラボの遊具は広島にもたくさん!

余談ですが広島には最近、本当に数多くのチームラボの遊具が登場しています。

広島城で行われている「光の祭り」もそうですね ↓

広島城の注目イベント「光の祭」チームラボの遊具は広島にも!

その他にもイオンモールにも黒板のようなデジタル遊具があります。けっこう楽しそうですよ! ↓

イオンモール祇園の遊び場 注目はチームラボの“デジタル遊具”

ただ映像を見るだけではなくて、体を動かしたり、工夫して、想像力が育まれそうな遊具は、やはりどこにあっても人気のようです。

基本的な仕組みはだいたい同じなので、ショッピングモールのチームラボの遊具で「予習」していくのも良いかも!?

まとめ

そんな「もののけミュージアム」ですが、実は採算が取れるかと議会で問題になったそうです。朝日新聞によると「入館者数6万人と予想していていて、建設費12億円に対して収益はわずか290万円」と予想されているのだとか。住民からは反対意見まで出たそうです。

三次市という、そんなに大きくはない自治体が頑張って作っている「全国初」なので、おおいに応援したいのですが、三次市がちょっと遠いですよね。

でも呉市の「大和ミュージアム」なんかも、戦艦大和をモチーフにした、ちょっとマニアックな資料館にも関わらず、年間100万人が訪れる大人気施設となりました。「全国初」の肩書きで、なんとか大ヒットしてほしいなと思います。

三次の近くには備北丘陵公園もありますし、県北に行くついでで寄ってみたいなと思います。

三次もののけミュージアム

〇広島県三次市三次町1691-4

〇開館時間 9:30-17:00

〇入館料 大人600円 大学生・高校生 400 円  中学生・小学生200円

〇休館日 水曜日(休日の場合翌日に)

〇TEL:0824-69-0111

〇公式ホームページ http://www.miyoshi-dmo.jp/mononoke/

広島県三次市三次町1691-4”

最後まで読んで頂きありがとうございました。