広島の子連れ旅 得する「裏ワザ」って?

ミュージカル「アニー」広島公演を見てきたよ!会場・上演時間は?感想は?

ミュージカル「アニー」を初めて見てきました。

映画でも予習していましたが、本物は全然ちがいました。

子供たちがかわいい!

歌がうまい!

音楽が本格的!

ちょっとお値段高めのイベントでしたが大満足でした。

どんなミュージカル?

元はアメリカ・ブロードウェイ

日本テレビ主催で日本公演がスタートして、2019年で34年目! 歴史あるミュージカルです。

元々はブロードウェイで1977年が初演。もう40年以上、続いているんですね。

あらすじは?

舞台は1930年代のアメリカ・ニューヨークの孤児院。

自分を孤児院にあずけた両親に、いつか会えると信じる孤児のアニーが、逆境に負けずに、まわりの人たちを巻き込みながら、前向きに生きていく物語。

孤児院の仲間たち、いじわるな孤児院のハニガンさん。億万長者のオリバー・ウォーバックスさん。さらには大統領まで巻き込んで、アニーの親探しの物語は進んでいきます。

きっと見終わるころには、元気と勇気があふれているはず。

キャストは?

パンフレットより

アニーはオーディション

主人公のアニーは、全国からオーディションで選ばれています。「ことしのアニーは・・・」とニュースでやっているのを、毎年見ますよね。

ことしは小学校5年生と中学校1年生。(Wキャストなので2人います)

歌も踊りも小学生とは思えないクオリティの高さです。スゴイ!

アニー出身女優さんも

過去には、岩崎ひろみさん(89年・アニー)、蒼井優さん(99年・ポリー)などなど・・・今も芸能界で活躍する女優さんもたくさん!

今回、出演していた子役の子たちからも、将来のスターが生まれるかも!

ハニガンさんが豪華!

物語で子供たちをいじめまくって、存在感あふれるのがハニガンさん。孤児院で王様のようにふるまって、子供たちに嫌われていますが、億万長者のウォーバックスさんに次いで存在感のあるキャラクターです。

過去には山田邦子さんや森口博子さん、友近さん、青木さやかさん、佐藤仁美さん、辺見えみりさんらが演じていました。

ことしは早見優さん!

パンフレットによると、悪役というのを舞台で演じるのは初めてということで、かなりふりきった演技を見せてくれていました。

2019年の予定は?

2019年4月27日~5月13日 東京公演

8月1日~6日 大阪公演

8月10日 松本公演

8月17日~18日 仙台公演

8月24日 広島公演 ←これに行きました!

8月30日~9月1日 名古屋公演

チケットは?

S席8500円 A席6500円

全席指定。そして4歳未満は入場不可。何歳でもチケットが必要と本格的です。

広島の場合は、5月18日から広テレチケットで先行販売していました。(6月8日からが一般販売)

広島の場合は、完売していました。1日しかないですもんね。

会場は?

広島JMSアステールプラザでした。

A席を買いましたが、2階席でした・・・

1階の前の方に設置されていたオーケストラの場所(1階からは多分、壁があって見えない)が上からのぞけたのは良かったかなと。

が、キャストはどうしても小さい・・・涙

特に小さな子供の表情はほぼ見えなかったので、せっかく行くならS席の方が良かったかなと思います。

ただ、静かな場面がけっこうあるので、小さな子供(といっても4歳以上ですが)と見るご家庭は、2階席の方が良いかもしれません。

↑ 会場には、写真撮影スポットが、あちこちに。

かわいらしい写真に子供たちは大喜びでした。

上映時間は?

途中で20分の休憩が入って、約2時間半

11時の回だったのですが、終わったのは午後1時半。

20分の休憩時間中には、ロビーでお弁当を食べる親子の姿もありました。

感想は?

親は?

本当に楽しかったです。

子供向けかなと思う方も多いかと思いますが、ストーリーは当時の時代背景の説明があったりと、けっこう大人向け。最初は子供向けかなと思いましたが、会場も大人の姿の方が目立ちました。

子供たちの歌が本当に上手。パンフレットを見ると、約1年かけて、オーディション、稽古をこなしてきているんですね。

ネットを見ると、アニー専門のダンス講座があったりと、かなりアツい世界のようです。

衣装や、舞台の鮮やかな転換など、質の高いミュージカルでした。

子供も熱中

上で書いた通り2時間半と長い舞台でしたが、小学生の娘は熱中して見ていました

ストーリーは、ちょっと難しいのですが、DVDで予習していたこともあり、登場人物の違いに気づいたり(億万長者の役は映画ではスキンヘッド。今回は黒髪フサフサでした)、好きな曲を口ずさんでみたりと、十分楽しめたようでした。

逆にいうと、DVDで見て行った方が、絶対に良いと思います。小学校低学年くらいで、いきなり行くと、ちょっとわかりにくいかもしれません。

お土産やグッズもありました

グッズはちょっとお高め。

上の人形は1200円。でも買っちゃいました。

パンフレットは2000円でしたが、キャストのインタビュー、座談会、オーディション風景など盛りだくさんで、充実していました。買いです。

ちなみに丸美屋プレゼンツということで、おみやげを1人1袋頂きました。

しばらくふりかけには困りません。

DVDで予習をオススメ

我が家では、アニーの映画を2本とも見て予習してから行きました。

1本は昔のバージョンで、1980年上映のもの。今回の舞台は、このアニーに忠実に作られています。

そしてもう1本は、2014年上映。

ジェイミー・フォックスが主演でキャメロン・ディアスがハニガンさん、アニーも黒人の女の子になっていたり、かなりアレンジしてあります。

(個人的には、こちらの方が、へんくつな男とアニーの心の交流が丁寧に描かれていて好きです)

created by Rinker
¥1,100 (2019/11/14 19:59:54時点 楽天市場調べ-詳細)

日本の舞台のアニーは、昔のバージョンに忠実に作られているので、こちらだけでも見ていくのが良いかと思います。

DVD、今は意外と安くなっているんですね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。