日本旅行「1泊だけ予約」がおすすめ!

子供の初めての山登りに最適な安芸太田町の「深入山」幼稚園児でも登れたよ!写真多めで解説

深入山 登山

ちょっと登るとすぐ絶景!見通しも良く、シーズンには大勢のお客さんがいて、初心者登山に最適でした。

安芸太田町の深入山(しんにゅうざん・1153m)に、幼稚園児(4歳)と小学1年生と登った記録を、写真多めでお伝えします。

あるくのすけ

幼稚園児でも登れたよ!小学生は楽々♪

南登山口は石がゴロゴロしてるから、お父さんのサポートが必要かも

アクセスは?

深入山の管理棟は、広島県安芸太田町大字松原1-1

”広島県安芸太田町大字松原1-1”

戸河内インターから30分ほど。

深入山 登山

どんどん山道をゆくと途中にはがけ崩れの工事現場がありました。雨の時は通行止めもありそうなのでチェックが必要です。

深入山 登山

わかやすい「山」です

到着!駐車場より。

わかりやすく「山!」という感じのきれいな山。木がほとんどないので見通しがいいですね。

深入山 登山

管理棟で準備しよう

深入山 登山

南登山口は、管理棟と駐車場が目の前です。駐車場は十分な広さでしたよ。

深入山 登山

深入山グリーンシャワー管理棟へ。

深入山 登山

飴やちょっとしたお菓子などが売っています。ステッキも売ってる(借りれる?)ようなので、急こう配に気を付けたい方は持って行っても良いかも。

深入山 登山

たくさんの野草が見られるらしく、図鑑のように写真が並んでいました。楽しみ♪

装備は?

登山リポの前に、今回、持って行ったものをご紹介。

幼稚園児と小学1年生を連れていきました。

  • お弁当
  • お菓子(ビスケット・飴・ゼリー)
  • お茶1.5リットル+1リットル水筒2本
  • 敷き布
  • つばの大きい帽子
  • 長袖上着(半袖で行ったので)
  • レインコート(はおるだけの簡単なものです)
  • 虫よけ、日焼け止めクリーム

飴やゼリーはちっちゃな子たちのモチベーションを保つには絶対必要

またステッキを持っている大人の方(高齢でなくとも)が、かなり多くいました。最初が急こう配なのであっても良いかもしれません。

小学1年生はスイスイ登りましたが、幼稚園児は手を引っ張りながら、なんとか上がりました。

いざ登山

深入山 登山

ここにおいてある地図が最もわかりやすかったです。

南登山口から一直線にのぼる「グリーンシャワールート」で挑戦。

「何処でも眺望最高」というわかりやすい道。

深入山 登山

入り口です。わかりやすく山の上まで見通せますが、見えているのは頂上ではないのでご注意を。もうちょっと上があります。

道はこんな感じです。のぼりやすい!

深入山 登山

ちょっと登るとあっという間に眺望がよくなります。管理棟があんなに小さく!

深入山 登山

足元は大きめの石がゴロゴロ

深入山 登山

浮石に注意です。小さな子は手を引いて歩いた方が良いかもしれません。

深入山 登山

たまにこんな感じの平べったい意志があって、いいベンチになります。

すすきが・・・

深入山 登山

早くもすすきが・・・9月中旬でしたが、山はすでに秋

下から見えたてっぺんへ

深入山 登山

下から見えたてっぺんは全体の半分ちょっと。

見晴らし岩

深入山 登山

下から目立つ岩へ・・・

深入山 登山

上から見るとこんな感じです。気持ちがいいけど、小さい子はちょっと怖がっていました。

ここまできたらあと少し

深入山 登山

でこぼこ、石だらけの道です。

深入山 登山

足をくじきかねないので、足元には注意。

山頂へ

深入山 登山

小学生と幼稚園児と相当ノロノロ登って1時間半ほどでした。途中でけっこう抜かされました(笑)

深入山 登山

頂上からの眺め。臥竜山、大佐山、掛頭山、我妻山、羅漢山、聖山、広見山、相当遠くには大山まで。

深入山 登山

周りに木がないので、360度、見渡せます。気持ちいい!

深入山山頂

適度な広さでお弁当を広げられました。敷き布はあった方が良いですね。

高低差は165m

標高1153mの深入山ですが、高低差は165m。

登り始めから高いので、そんなに差はありません。

深入山 登山

帰り道

深入山帰り道

帰りはちょっと回り道だけど、ならだらかな道で戻ります。山の北側から西側に回り込んで帰る道ですね。(赤い矢印)

あるくのすけ

そのまま戻ろうかとも思ったけど、管理棟のおばちゃんに「膝がやられるよ」と忠告を受けて、回り道にしました。

深入山 登山

いきなり茂みの中を通ります。(通らなくても行けたかも)

深入山 登山

まずは9合目の休憩小屋を目指します。

深入山 登山

帰り道は比較的なだらか。おだやかな道が最初は続きます。

が、ちょっと岩がでこぼこしているところも。

深入山 登山

多くの人たちとすれ違いました。急こう配を避けて、こちらから登る方もけっこういるようです。

深入山 登山

ススキが気持ちいい♪

ベンチがあちらこちらに

降りてゆくと気持ちの良い山道です。

深入山 登山

ベンチがあちこちにあるんですね。登るときにはありませんでしたが。

深入山 登山

折り口近くにはテーブルもありましたよ。ちょっと森に入ってご飯を食べるだけでも良いかも。

深入山 登山

オートキャンプ場も

深入山 登山

管理棟のすぐ横にはオートキャンプ場がありましたよ。

深入山キャンプ

広くはありませんが、車を横付けして、テントに、小さめタープが張れそうです。

深入山キャンプ

テーブルがついているのがいいですね。かまどもありました。

入り口からは、しっかり深入山が見えます。

すぐ側にはグラウンドゴルフ場やグラウンドもあるので、ゆっくり過ごせそうですね。

まとめ

幼稚園児も小学1年生も、一緒に楽しく登れました。登りは1時間と書いてるHPもありましたが、子供連れだと1時間半くらいかかりました。

南登山口から一気に登るのは、浮石に注意が必要。スニーカーだった子供たちには、ちょっと酷だったかも。(大人は登山靴だったので)

でも普段着にスニーカーで登っている大人も相当いたので、お試し登山には最適かもしれません。

見通しも良いし、シーズンには多くの人たちが登っているので安心感はあります。(ちょっとお話したおばあちゃんは毎年4回は来ているとおっしゃっていました)

この日は晴天続きだったので良かったのですが、山頂は涼しいので上着があっても良いかも。(9月中旬の登山でした)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。