秋旅行、検索してます

マリホの「秘境・アマゾン展」行ってきました!昆虫・動物が意外と充実♪

8月4日追記:行ってきました! 下の方をご参照ください

アマゾン展

7月20日から始まる、ことしの夏の動物イベントとしては広島最大(?)と思われる「秘境・アマゾン展」。

「ふしぎで、ふしぎで、ふしぎに輝く 生き物たち大集合」

と、キャッチコピーにありましたが、いろんな種類の生き物に会えるようなので期待しています。子供たちが、どれかひとつでも興味を持ってくれれば・・・と思いますが、果たして。

あるくのすけ

興味持てそうな動物はいるかな~

カブトムシとか鳥を見たいな~

どんなイベント?

秘境・アマゾン展

公式HPより

多くの種類の生き物が展示

普段から行っている「マリホ水族館」はもちろん、「へんな生き物展」など、マリーナホップでは、動物に会える企画展示が度々行われていますが、「アマゾン」というくくりで、昆虫、魚、鳥、哺乳類まで展示されるということなので期待しています。

昆虫・奇虫コーナーでは、ヘラクレスオオカブトは実物が、さらに他にも珍しいカブトムシやカミキリなど標本がそろうようです。

魚類はピラルクー、ピラニア、電気ウナギ、レッドテールキャットなど。

両生類はツノカエル、グリーンイグアナ、ピパピパ(なに?)、アホロートル(???)などわからない生き物がたくさん。

鳥類は様々な種類のインコなど。

ほ乳類はリスザル、カピバラ、アルマジロ、ナマケモノ、モルモットなどが展示されるようです。

 

種類も多そうですが、幅が広い!

聞いたことのない動物がたくさん書いてありました^_^;

ふれあいコーナーもあり

インコやモルモットたちに触れたり撮影できるようです。

巨大生物と記念撮影コーナー

とありますが、「大型写真パネル」の前でとのこと。パネルでしたか。そりゃそうですよね。

ジャングル塗り絵コーナー

いわゆる塗り絵ですね。

広い展示室に期待!

マリーナホップの、この手の展示イベントでは、「空き店舗を使った比較的こじんまりとした展示」と「海側のイベント広いイベント会場」が使われることが多いのですが、今回は広い「マーメイドスペース」の方。

前に行った「へんないきもの展」は、面白かったものの、狭くてすぐ見終わってしまったので、今回は広い会場に多くの展示があるのではないかと期待しています。

↑ 狭い展示の代表のように扱ってしまいごめんなさい。展示内容自体はおもしろかったんですが・・・

値段は?

前売り券だと

大人(18歳以上)800円、小人(6~17歳)600円、幼児(3~5歳)400円とのこと。

当日券は200円高くなり、1000円、800円、600円です。

行こうと決めたら、前売り券を買ってしまった方が良さそうです。

場所は?

広島市の海ぎわにあるアウトレットモール「マリーナホップ」。(広島市西区観音新町4-14)

ちょっと離れていますが、駐車場が無料で行きやすい施設です。

このブログでは「マリホ水族館」をイチオシしています。2回行くなら年間パスの方がお得という、太っ腹な水族館です。

マリホ水族館 料金に見合う?評判は?常連が魅力をガイドマリホ水族館に急げ!年間パスポートをお得に更新!マリホ水族館が相変わらずエンターテイナーだった件 夏はひんやり~でオススメ

追記:行ってきました!

アマゾン展

日曜ということもあり、にぎわっていましたよ。

展示コーナーが充実!

アマゾン展

昆虫・奇虫コーナーでは、ヘラクレスオオカブトなど、子どもが喜ぶカブトムシなど、実物もいました。

アマゾン展

珍しいチョウの展示。広島市のこんちゅう館(←こちらもおすすめ!)にもいない虫たちが、たくさんいたのがうれしかったですね。

あるくのすけ

標本もあったけど、やっぱり実物に釘付けだったよ。

魚類コーナーも電気ウナギとか、いろいろいました。

アマゾン展

両生類コーナーは巨大なカエルやイグアナなどなど・・・。ちょっと気持ち悪かったみたいで、子供たちは素通り。

アマゾン展

鳥類コーナーが子供たちはお気に入り。

キイキイ鳴いたり、人の反応で鳴くので、目の前に立って話しかける子供たち続出。

ほ乳類はアルマジロやナマケモノが大人気。

あるくのすけ

ナマケモノがかわいかった!

アルマジロも好き!思ったよりちっちゃいんだね

広かった!

普段、大掛かりなイベントも行われるスペースなので、やっぱり広かったですね。

人がたくさんいましたが、窮屈な感じにはなりませんでした。

体験コーナーが充実

リスザル撮影コーナー

アマゾン展

かわいい!こんなリスザルと記念撮影できました。

整理券を30分前に配って50組限定ということでしたが、空いていたので並んで撮影してもらえました。

撮影した写真というより、間近でリスザルが見れて、そしてちゃんとカメラの方を向いてくれなかったことが、ちょっとおもしろかったですね。

スタッフの方、ご苦労様です。

モルモットふれあいコナー

整理券の配布はなく、普通に並べば触れます。5分ほどの入れ替え制。

子供たちで大賑わい。可愛いですよね。

インコ放し飼いコーナー

インコたちが放し飼いされているスペースに入れるコーナー。

5,6組ごとに入れます。15分くらい並びました。

触ることはできませんが、目の前で見れます。飼いたくなりますね。

アマゾン展

↑外から見ると透明の部屋に入る感じです。

お絵かきコーナー

サインペンがたっぷり。塗り放題の塗り絵コーナー。

壁には子供たちの絵がびっしりと貼ってありました。

お土産売り場も

最後にはこじんまりとしたお土産コーナーがありました。

アマゾン展

昆虫の模型が気になりましたが3000円くらいと、ちょっと高め・・・。

昆虫ぬいぐるみや、ほ乳類ぬいぐるみもありましたが、どちらもやっぱりちょっと高め。

と思っていたらガチャガチャを発見!

世界の昆虫!「超巨大」とありました。

買っちゃいました(笑)300円。

パーツが分かれています。

組み立てると、立派なカブトムシに!あなどれないリアルさです。

昆虫については、ちゃんとリアルなもので学んでほしいなと思います。

アマゾン展

まとめ

カブトムシだったり、鳥だったり、動物に興味を持ってほしいので、行ってみました。

広島では見られないナマケモノやアルマジロ、多くの鳥たちを間近に見られたのは良かったかなと思います。

子供たちが楽しんでいたのは

  1. お絵かきコーナー
  2. モルモットとのふれあい
  3. インコ放し飼い

と、親の意図とはちょっと違うランキングになりました(笑)

せっかくなのでアマゾンならではのモノに興味を持ってほしかったのですが・・・

でも普段見られない動物達への関心は高まったはず!(と思いたい)

安くはない料金ですが、駐車場が無料なので、中心部であるイベントよりは行きやすいかなと思います。

我が家はたっぷり1時間半楽しみました。

公式ホームページはコチラ → https://www.home-tv.co.jp/event/amazon/

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。