秋旅行、検索してます

安佐動物公園の「変わったオブジェ」に注目してみた

広島市安佐北区の「安佐動物公園」。広島の家族連れには、おなじみの場所ですが・・・実はちょっと「変なオブジェ」がそろっていることをご存知ですか?動物と同じくらい子どもが喜ぶそんなオブジェをご紹介します。

動物公園1回1テーマのススメ

行ったのは、5月のとある土曜日。良い天気でしたが空いていました。

園内は広いので、毎回1テーマを決めてまわっています。

・キリン、サル、ゾウ、ライオンなど王道の動物たちをじっくり見る

・ウサギやポニーと触れ合う(時間を合わせて行かないと混みます)

・レッサーパンダを見に行く(だいぶ西のはずれにあって、行く気で行かないとたどり着かないんです)

・イベントに参加する(バックヤードガイド、エサやりなど。公式ホームページをチェック!)

・動物の絵を描いてみる(画板を持って出かけます)

・レオガラスを見に行く↓

これはスゴイ!安佐動物公園 ライオンが近すぎてホントに驚いた!

意外と多い“変わったオブジェ”

そんなテーマのひとつとして、ちょっと変わったオブジェに着目してみました。本物の動物がいる場所なのに、なぜこんなに動物オブジェが多いのでしょうか。

どこにどれがいるかわかります?

まずはカバ。

イグアナ?爬虫類は上りやすいため、子どもらにすぐ乗られていました。

サイです。

やっぱり両手に抱えられて写真を撮るのでしょうか。撮るんでしょうね。

かわいらしいつぶらな瞳が印象的です。

シロクマさん!何があったの???

カメですが・・・

こちらは本物ですが、動かないのでオブジェっぽいです。

顔出し看板も意外とたくさん

動物たちが目の前にいるのに、どうしてもこの看板から顔を出したくなってしまう子どもたち。何か独特の引力が働いているようです。

看板を通じて動物たちと触れ合っています。

クオリティが高い壁イラストも

そして園内には、イラストも多くありました。

つぶらな瞳のキリン。

そしてサイ。

どうもイベントごとに書いてもらっていることが多いようです。

オブジェではありませんが・・・あちらこちらに「動物漫画」があることをご存知ですか?

飼育員さんが描かれているもので、本を何冊も出されているようです。お土産に買いたくなってしまいそうですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。