秋旅行、検索してます

ジ アウトレットの「ワープする路面電車」が本当に秀逸だった件

一度は立ち寄ってみたい!

佐伯区石内の「ジ・アウトレット」にある「ワープする路面電車」。2018年4月のオープンから設置されているようですが、この体験型アトラクションが大人も感心するくらい新しい!というお話です。

あるくのすけ

映像も音楽も本当に楽しい!

みんな走り回って、こどもディスコみたいです

元は「真っ白な電車」です

場所は「ジ・アウトレット」の1階、ステーションコート。休日は多くの家族連れでにぎわっています。

これは白く塗られた路面電車↓

そしてワープする行き先の記された電光掲示板↓で成り立っています。

この日の行先は、「海底」「ノルウェー」「リスボン」「空」「宇宙」「海底」「ニューヨーク」。それぞれ14:14~14:27まで、それぞれの“ワープ”が始まる時間が記されています。

さあ、ワープの時間です!

そして時間になると・・・

カラフルな映像とポップな音楽が流れ始めます。雰囲気的には子ども向けディスコ(表現が古いですが)。子どもたちは飛んだり跳ねたり走ったり。キャアキャア大騒ぎです。

こちらは「海底」。潜水艦が潜っているイメージでしょうか。

「ノルウェー」

こちらはクリスマス限定バージョンだそうです。

ツリーにクリスマス電車も。

「メリークリスマス」の文字が。

「リスボン」

行ったことありませんが、ポルトガルの首都・リスボンってこんな感じなのでしょうか。

「空」

こちらはわかりやすい。風船が浮いています。空の旅に子どもたちは大興奮。

「宇宙」

子どもたちは、映像が何であっても、路面電車の前を大はしゃぎして遊んでいます。

音楽は、意外と古いもの(90年代っぽいもの)もあり、お父さん・お母さんから「ちょっと懐かしいね」といった声も。

遊べる時間は?

開催時間は1日4回。11時、14時、16時、18時から、それぞれ30分間行われるようです。

予約はそれぞれの会で1時間前から。やり方は↓の通り

スマホでURLを入れて、行先を選び、車体のカラーを選び、あとは待つだけのようです。

↓時間が過ぎるてからアクセスすると(予約がいっぱいになると?)この画面に。(スマホの画面です)

昔でいうジュークボックスのようです。

実は元レストランの車両

電車は実際に走っていた「広島電鉄70系電車」。

広電が1977年に、当時の西ドイツ、ドルトムントから購入した車体です。2008年に引退し、その後、中区のレストラン「トランヴェール・エクスプレス」として営業していて、2018年にアウトレッツにやったきたとのこと。

元レストランらしく中は、お店らしい内装が。

車体の色が次々変化!

この電車。行先の電光掲示板もプロジェクションで投影されています。

行き先が一瞬で変わります。実際の電光掲示板ではないんですね。

映像を映しているとは思えない出来栄えです。

ちなみにこちらを作っているのは、「ar3兄弟」というユニット。様々なジャンルで昭和感あふれる作品を制作しているそうです。

http://ar3.jp/

ワープする路面電車

ジ アウトレット 1階「ステーションコート」

広島市佐伯区石内東4丁目1-1

公式ホームページ https://www.home-tv.co.jp/home/warp/

”広島市佐伯区石内東4丁目1-1”

最後まで読んで頂きありがとうございました。