広島の子連れ旅 得する「裏ワザ」って?

子供イベント&おでかけ&遊びまとめ2018年12月

12月のイベントを備忘録的に羅列しています。備忘録なので、順番もバラバラです。すいません。

イルミネーションが多い印象。クリスマスですしね。

子連れとしては、ちょっと夜のイベントは行きづらいので、どのイルミネーションに行こうかと悩んでいます。(ドリミネーションはとりあえず行きますが)

「備忘録」ですので、どんどん追加していきます。情報には細心の注意を払っておりますが、念のため、元のホームページなどでご確認ください。

グランドプリンスホテル広島のキッズプログラム 12月1日~25日

クリスマスプログラムも発表されました。人数が少ないこともあってか、あまり派手に宣伝していないんですよね。でもすごくおすすめです。

〇パン作り体験 12月1日(土) 定員20名

〇シェフ体験(中華) 12月2日(日)8日(土)9日(日) 定員10名

〇シェフ体験(洋食)12月15日(土)定員10名

〇パティシエ体験 12月16日(日)定員30名

大人1名+こども1名で6000円。安くはありませんが、1回は行ってみてもよいイベントだと思います。

↑は2年ほど前ですが、ちびっ子シェフたちが中華団子づくりに挑戦した様子。楽しかったですよ~シェフの方も本当に優しかったです。

4歳から12歳まで。保護者の同伴が必要です。

尾道造船株式会社 進水式見学 12月12日(水)

「進水式」と言われてもピンとこないかもしれませんが、大型の船が、ドックから海面に「ドッシャーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!」とすべり落ちるイベントです。「浮かび初め」?みたいなイメージでしょうか。

1回見に行ったことがありますが、巨大な船が轟音とともに滑り落ちる様子は感動でした。造船所の方はもちろん、発注した方々、そして地域の方々も集まっていて、大勢の手によって船が作られているんだと思いました。

乗り物好きな子どもたち、大喜び間違いなしです。が、平日ですし、このためだけに行くというのも、なかなか難しそうですが・・・一応載せてみました。

↑尾道造船HPより。

尾道造船所では、1年間に約10隻ほどの進水式をしているそうです。今回の船は全長219m、幅38m。大きいですね~

尾道造船

2018年12月12日(水)14:50開式

”広島県尾道市山波町1005番地”

ハッピードリームサーカス ~来年2月12日@広島みなと公園

始まりました!TVでやっているのを見ましたが、「曲芸」という感じのイベントが多そうです。

詳しくはコチラ↓

広島に再びサーカスがやってくる!気になる割引は?注意点は?

ひろしまドリミネーション ~来年1月3日

広島の冬の風物詩である平和大通りなどのライトアップ。ことしは「おとぎの国」をテーマに、平和大通りやアリスガーデンなどの市内中心部で、約140万球の光でライトアップするそうです。夕方にちょっと眺めて市内をぶらぶら・・・という形で楽しませてもらうことが多いのですが、オープニングイベントがあるんですね。

 

11月17日(土)に平和大通り緑地帯(クリスタルプラザ前)で午後5時から。

〇広島観光親善大使、広島市消防音楽隊による本通りパレード
〇午後5時半から点灯式とミニコンサート等 (予定)

人が多そうな気もしますが、タイミングが合えば見に行くのも良いかもしれません。

イルミネーション自体は来年3日までやっています

開催期間 平成30年11月17日(土)~平成31年1月3日(木)
点灯時間 17時30分~22時30分

ア 平和大通り南北緑地帯(平和大橋東詰め~田中町交差点 )
イ 並木通り・金座街・中央通・本通・中の棚、国際通の各商店街
ウ アリスガーデン・東新天地公共広場・元安川左岸・京橋川右岸等の公共空間
エ 基町クレド・紙屋町シャレオ、白島キューガーデン等の施設

ようやく見てきました。もしよければご覧ください。

ドリミネーション2018 見てきました!見どころにおすすめ駐車場も

広島市植物公園 花と光のページェント ~12月23日の「土日」

広島市植物公園の夜間開園。植物公園とイルミネーション?という感じもしますが、なかなか評判が良いようです。街中のイルミネーションとは違って、スケールの大きな展示が特徴のようです。ライトアップは土日のみなのでご注意を。

ページェント=野外で自然をそのまま舞台として行う劇。野外劇。野外で行われる大がかりな催し。といった意味があるようです。確かに野外の大掛かりな催しです。

〇日本一のバオバブのライトアップ

〇光の迷路

〇光り輝く恐竜の世界

などなど・・。

光り輝く富士山、巨大リース、ペットボトルのツリーなど、ジャン部はバラバラですが、イベント数は多くあります。

夜店や売店もやっているようです。

午後9時まで。(入園は午後8時半まで)

↓広島市植物公園については過去にもお世話になっています

樹齢400年!国内最大のバオバブの木を見てきた 広島市植物公園

広島市植物公園

”広島市佐伯区倉重3-495”

毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)広島パルコ ~12月25日

↑パルコのHPより。

果たして子どもたちが大喜びするかは自信がありませんが、インパクトあるポスターに魅かれて思わず記しています。なんでも東京、名古屋、大阪で延べ30万人を動員したそうです。

ちょっと怖い生き物を見てみたい、という子どもたちの欲求は、先日行ったマリーナホップの「変な生き物展」での子どもたちの喜びでわかりました。こちらは、それよりもちょっと怖そう?な印象。「刺す」「咬む」「中毒」など毒を持つ生物が大集結したそうです。果たして、子どもたちの反応はいかに!?

「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」

広島パルコ

2018年11月16日(金)~12月25日(火)10:00~20:30 ※入場は閉場の30分前まで、最終日18:00閉場

〇入場料:当日券:800円 前売券:700円

備北イルミ ~来年1月14日

庄原市の国営備北丘陵公園。広大すぎる公園の魅力については、これまでも記してきました。

そんな国営公園のウィンターイルミネーションは24年目なんだそうです。今年のテーマは「星空」だとか。

↓以下HPより

広いだけあって、規模が大きそうです。宇宙旅行に七夕広場、星の海など・・・1か所で数か所分のイルミネーションが楽しめそうな規模です。

以下は、そのうちのひとつ。「中の広場」。ツリーもあれば、ビッグパネルもあります。

花火のコラボが多い、備北丘陵公園らしく、やはりクリスマスもやるようです。ちょっと規模は小さめですが、5分で200発が打ち上げられるそうです。

12/1(土)・8(土)・15(土)・22(土) 19:00~(約5分)

庄原の広すぎ公園「備北丘陵公園」親子の楽しみ方をわかりやすくガイド

みろくの里 ウィンターイルミネーション2018 ~来年1月6日

福山市の“県内唯一”の遊園地。みろくの里。この施設は若者よりも、むしろ子どもたちが喜ぶ施設ではないかと個人的には思っています。イルミネーションは、けっこう豪華で、若いカップルなんかも楽しめそうに見えます。

↑HPより。遊園地って、やっぱりイルミネーション映えしますよね。

子どもたちも大喜びしそうですが、ちょっと遠いので、宿泊しないと広島市内から見に行くのは難しそうです。

みろくの里

広島県福山市藤江町638−1

イルミネーションは午後5時半~午後9時

”広島県福山市藤江町638−1”

広島市現代美術館のツキイチワークショップ 12月16日(日)

南区比治山の上にある現代美術館。「美術館」というと子どもには縁遠いように思えますが、毎月1回行われているワークショップが、実はおすすめです。

12月は「ころころお絵かき」。絵具をつけたボールを紙の上で転がして模様を描くとか。絵具を家で使うのは、(汚れるので)躊躇するので、こうしたイベントでやってくれるとうれしいですね。

↑現代美術館チラシより

ちなみに過去の「ツキイチワークショップ」についてはこちら。

【子連れで体験】無料!美術館のおもしろワークショップが超オススメ

サンリオカーニバルinマリーナホップ

↑公式HPより

広島初登場のイベント。
キティちゃんをはじめ、『シナモロール』、『ポムポムプリン』などサンリオキャラクターが登場します。「ハローキティ新幹線」のミニ新幹線も来るそうで、子どもたちは喜びそうです。
〇広島マリーナホップ マーメイドスペース
(広島市西区観音新町4-14-35)
〇期 間 2018年12月22日(土)~2019年1月6日(日) 16日間 ※会期中無休
10:00~17:00(最終入場16:30)
〇入場料金 当日券 600円/前売券 500円(3歳以上一律有料)(有料入場者特典付)
セブンチケット限定ファミリーチケット(前売のみ販売)1,800円(大人、こども計4名)
※2歳以下は無料 ※小学生以下は、保護者が必要

5周年記念「ぐでたまてん」そごう広島店

↑公式HPより

中国地方初開催というイベント。ストレス社会を、ぐてたまを見習って、肩の力を抜いて生き抜いていこう。というイベントだそうです。

広島名物・もみじまんじゅうや、広島東洋カープとコラボしたオリジナルアイテムもあるそうです。

〇そごう広島店 本館 9F 特設会場

〇2018年12月20日(木)~2019年1月3日(木)

〇開場時間:10:00~20:00  ※入場は各日閉店時間の30分前まで。
※12月31日(月)は18:00閉場、1月1日(火・祝)は19:00閉場、最終日は17:00閉場となります。

〇入場料:一般・大学生:300円(税込み) 高校生以下:無料

「へんないきもの展~ナマモノ~」~12月2日(日)

公式HPより

マリーナホップの水族館「マリホ水族館」には毎回お世話になっています。今回は、東京は池袋、サンシャイン水族館とのコラボ企画。ベストセラー著書「へんないきもの」の世界を体験できる特別展なのだそうです。

”深海の掃除屋”と呼ばれている「ダイオウグソクムシ」、実はヤドカリの仲間「イガグリガニ」、”世界三大奇蟲”の「ウデムシ」「サソリモドキ」「ヒヨケムシ」・・・と言われても、あまり想像できない動物が見られるそうです。マリホ水族館の「別館」という、ドッグランの向かい側で展示されるようです。

年間パスポートを持っていても、料金が別に必要なようで注意が必要です(マリホ水族館の年間パスポートを持っていれば大人200円、子ども100円と安くなります)

マリホ水族館の「へんないきもの展」で子どもと一緒にギョっとしてきました

「へんないきもの展~ナマモノ~」

【 営業時間 】マリホ水族館に準ずる
(10月10:00~20:00、11月以降 10:00~17:00)最終入館15分前
【 会 場 】マリホ水族館 期間限定別館
(広島マリーナホップ 入口近く、ドッグラン向側)
【 料 金 】大人500円 子ども300円(マリホ水族館の年間パスポートを持っていれば大人200円子ども100円)

また見つけ次第加えていきます。